dialogue ART FRONT GALLERY

dialogue - Art Front Gallery

dialogue - Art Front Gallery
清津倉庫美術館
2016年企画展 - つらなるかたち

4月29日から5月8日まで、新潟県十日町市の清津倉庫美術館にて、
2016年の企画展 - つらなるかたち を開催致します。
詳しくはこちらをご覧ください。

清津倉庫美術館は、越後妻有里山現代美術館 [キナーレ]の分館として、2015年に清津峡にオープンしました。
2009年に廃校となった小学校の体育館を再生したミュージアムです。
この美術館は、美術作品の倉庫であり、展示施設でもあります。
「都市と地域の交換」をテーマに掲げた大地の芸術祭2015 では、3つの廃校がリノベーションされました。
この「清津倉庫美術館」は、都会を発表の場とする多くのアーティストたちが、高額で大型の作品保管場所に困っているという現実と空家廃校が増え続ける越後妻有の、双方の「困った」を交換し、プラスに変換しようという試みです。
芸術祭の年以外にも常時約200 の作品を鑑賞することのできる「大地の芸術祭の里」に、新しい拠点施設が誕生しました。

つらなるかたち
企画:アートフロントギャラリー
運営:NPO法人越後妻有里山協働機構
会場:清津倉庫美術館(新潟県十日町市角間未1528-2)
会期:4月29日(金・祝)− 5月8日(日)
   休館日:水曜  ※ 5月4日(水)は開館
   
(夏:8月6日(土)− 8月21日(日)、秋:10月の土日祝日)
時間:10:00〜17:00(最終入館16:30)
参加作家:磯辺行久榎忠袴田京太朗、冨井大裕、金氏徹平
アクセス:こちらをご覧ください
料金:一般500円、小中学生250円 ※2016春共通チケット提示で会期中1回入場可



左から磯辺行久、榎忠、袴田京太朗、冨井大裕、金氏徹平

清津倉庫美術館の第2回展となる本展では「日常的な素材を選ぶことと、それに手を加える行為」をテーマとし、鉄くずや画びょう、フィギュア、ホース、お面など日用品をモチーフにする各世代のアーティストが集結。国際的にも、あるいは時代が変わっても日常のなかから物を選び素材として使うアーティストはいますが、素材の選び方、それを使っていかにしてアートを作るか、という観点から見ると、視座や時代が異なっても日本のアーティストに共通する方向性が見えてくるのではないでしょうか。
| 関連作家情報 | - | trackbacks(0) |
竹中美幸 新作を展示中
カメラのフィルムと樹脂と光

竹中美幸の新作が届きました。
カメラのフィルムと樹脂の作品は春の光を受けてさまざまな表情を見せてくれます。
展覧会場となりのスペースにて、一部展示しております。
現在開催中の康夏奈(吉田夏奈)の展覧会と合わせて是非ご覧ください。


展示の様子




細部
 
| 関連作家情報 | - | trackbacks(0) |
SETOUCHI ART @ 伊勢丹新宿店
瀬戸内国際芸術祭 x 三越伊勢丹 
「海の曼荼羅」 

現在、開催中の瀬戸内国際芸術祭(春会期)と三越伊勢丹のコラボエキジビションとして、伊勢丹新宿店のショーウィンドウと一部店内にて、芸術祭参加作家11名が作品展示を行っております。

海の曼荼羅 展
会期:4月12日まで(大巻伸嗣の作品のみ8月中旬まで)
会場:伊勢丹新宿店のショーウィンドウ、一部店内
参加作家:エステル・ストッカー、田島 征三、荒神 明香、ムニール・ファトゥミ、豊福 亮、日比野 克彦、片山 真理、高橋 啓祐、淺井 裕介、コシノジュンコ / アトリエオモヤ、大巻 伸嗣


大巻伸嗣 Echoes - Crystallization


エステル・ストッカー  O.T. (無題)


ムニール・ファトゥミ   MAXIMUM SENSATION

詳しくはこちら

瀬戸内国際芸術祭は、日本列島の古くからの大動脈であり、豊かな静かな胎(コブクロ)であった瀬戸内海を再び元気にし、そこに住む爺さま・婆さまが誇りを取り戻すべく、アートによって地域の生活・文化固有の特質を再発見しようとする、三年に一度のお祭りです。

12の島と2つの港という広い場で、春・夏・秋三期合計108日間、港や空家、廃校・田圃(デンポ)、街なかに、約200点の世界を代表するアーティストの作品と、芝居、ダンス、コンサートなどのパフォーマンスが織りなす世界最大規模の芸術祭は、今回特に瀬戸内海独特の食に力を入れ、世界各国、特にアジアの地域づくりに影響を与えています。

海は私たちの揺藍(ユリカゴ)の場。季節によって、時間によって変化する海と、そこでの生活に何を見たか。2016年の芸術祭は、海に感応する「曼荼羅」をテーマに展開します。

百貨店を訪れる目的も芸術祭に足を運ぶのも、あたらしいライフスタイルを求めるという価値では同じように思います。つまり、最新動向を発する都市のフロンティアの感性と、田舎で広がり始めたフロンティアの感性の回路は実はつながっているのです。

こちら伊勢丹にも参加するアーティストによる「海の曼荼羅」をご覧いただき、伊勢丹新宿店で行われる季節の催事に、芸術祭に流れているような大きな時間の底流を重ねてみてください。さらに豊かな体験ができることでしょう。

瀬戸内国際芸術祭2016 総合ディレクター
北川フラム

| 関連作家情報 | - | trackbacks(0) |
小野耕石 京都版画トリエンナーレ2016に出品

京都市美術館にて3月6日ー4月1日

小野耕石が「PAT in Kyoto 第2回京都版画トリエンナーレ2016」に出品しています。
是非ご覧ください。

2016年 3月6日(日)〜4月1日(土)
開館時間:午前9時〜午後5時(入場は午後4時半まで)
毎週月曜日休館(但し、3月21日(月)は開館)
会 場:京都市美術館 本館2階南展示室
展覧会詳細はこちらをご覧ください。

*小野耕石の略歴、作品等についてはこちらをご覧ください。

| 関連作家情報 | - | trackbacks(0) |
阿部岳史 インタビュー
現在、「デッドパン」展を開催中の阿部岳史ですが、
アートフロントギャラリーでの前回の展覧会(2011年)の際に行ったインタビューで、自身の作品について語っています。
約4年前のインタビューではありますが、核となるコンセプトは現在の作品にも通じます。

阿部岳史インタビューvol.1
阿部岳史インタビューvol.2




展覧会は1月31日(日)までとなります。
週末は、アーティストも在廊予定ですので、是非お越しください。

阿部岳史のCV、作品についてはこちらをご覧ください。
| 関連作家情報 | - | trackbacks(0) |
浅見貴子 川越市美術館
ペインティングの現在ー4人の平面作品からー

今年3月にアートフロントギャラリーで個展を開催した浅見貴子が埼玉の川越市美術館にて企画展「ペインティングの現在ー4人の平面作品からー」に出品しています。水墨を使い独特な制作方法によって樹木を描き続ける浅見は、今回、屏風の大型作品などを展示しています。是非足をお運びください。

ペインティングの現在ー4人の平面作品からー
会場:川越市美術館
会期:2015年10月31日(土曜)から12月23日(水曜・祝日)
開館時間:午前9時から午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(11月23日は開館)、11月24日(火曜)
観覧料:一般 500円(400円)、大学生・高校生 250円(200円)、中学生以下 無料、( )内は20名以上の団体料金
詳しくはこちら

浅見貴子のプロフィール、作品についてはこちら

| 関連作家情報 | - | trackbacks(0) |
藤堂 個展 ギャラリー αMにて
「資本空間」

さまざまな土地の石や書籍などと積層ガラスを組み合わせた立体作品で知られるアーティスト藤堂(とうどう)が、ギャラリー αMにて個展を開催しています。

資本空間
スリー・ディメンショナル・ロジカル・ピクチャーの彼岸 vol.5 藤堂
ギャラリーαM 
〒101-0031東京都千代田区東神田1-2-11アガタ竹澤ビルB1F
2015年 10月31日(土)〜12月5日(土)
11:00〜19:00 日月祝休 入場無料 詳細はこちら

アートフロントギャラリーでは、11月25日からギャラリーそばの代官山蔦屋書店内のカフェラウンジAnjinにて、藤堂の作品展示を開催いたします。ご注目ください。
藤堂の作品、プロフィールはこちら 



ベルリンの壁
 

フィンランドの花崗


レ ミゼラブル
| 関連作家情報 | - | trackbacks(0) |
角文平:金津創作の森にて三人展に参加
 
森からはじまる物語
−森へのイメージをめぐる3つのまなざし−
 
角文平が福井県の金津創作の森にて、三人展「森からはじまる物語」に参加。
人や自然など、風土の持つイメージを作品にすることで注目を集める眞壁陸二、佐々木愛、文平の北陸ゆかりの作家3人のアーティストによる展覧会です。是非足を運んでみてください。



「椅子の木_」椅子、鉄、1800x1200x1500mm、2010年 


森からはじまる物語
−森へのイメージをめぐる3つのまなざし−
■会期 平成271024日(土)〜 126日(日)
■休館日: 月曜日 ※但し11/23(月・祝)開館、11/24(火)休館
■会場: 金津創作の森 アートコア ミュージアム−1、ギャラリー、野外
■時間 10:0017:00 ※最終入場は16:30まで
     会期中の土曜日は18:00まで開館延長(最終入場17:30
■観覧料: 一般600円(400円)、高校生以下無料

詳しくはこちら

角文平のプロフィール、作品はこちら 
    
| 関連作家情報 | - | trackbacks(0) |
大巻伸嗣 : 金沢21世紀美術館 コレクション展1 「あなたが物語と出会う場所」に出品
2015年5月26日−11月15日

大巻伸嗣が金沢21世紀美術館のコレクション展1「あなたが物語と出会う場所」に参加しています。
今年の越後妻有アートトリエンナーレに初参加の大巻伸嗣ですが、
このコレクション展に参加しているイ・ブルと小沢剛も越後妻有アートトリエンナーレに出品致します。あわせてご覧ください。


期間:
2015年5月26日(火) 〜2015年11月15日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 展示室
休場日:
月曜日(ただし7/20、8/17、9/21、10/12は開場)、7/21、9/24、10/13
料金:
一般=360円(280円)
大学生=280円(220円)
小中高生=無料
65歳以上の方=280円
※( )内は団体料金(20名以上)前売り券販売はありません。
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800

詳しくはこちらをご覧ください。
| 関連作家情報 | - | trackbacks(0) |
栗林隆 スパイラル30周年記念事業展覧会に参加
スペクトラム ―いまを見つめ未来を探す

10月23日(金)よりアートフロントギャラリーにて個展を開催予定の栗林隆が、個展に先立ち青山のスパイラルのグループ展「スペクトラム ―いまを見つめ未来を探す」に参加致します。1985年に青山に誕生したスパイラルは、「生活とアートの融合」という活動テーマのもと独自の文化活動を発信し続け、2015年10月に30周年を迎えます。
参加アーティスト:
栗林隆(くりばやし・たかし)、榊原澄人(さかきばら・すみと)、盒橋太(たかはし・きょうた)、毛利悠子(もうり・ゆうこ)


画像左から:栗林隆 参考作品『INVISIBLE』(2013) Chelsea College of Art and Design, London UK、榊原澄人『Solitarium』(2015) イメージドローイング、盒橋太 参考作品『ライティングプロジェクション』豊田市美術館(2013)撮影:豊永政史、毛利悠子 参考作品『アーバン・マイニング──『春の祭典』のための』撮影:片岡陽太

■開催概要■
会期:2015 年 9 月 26 日(土)〜10 月 18 日(日)11:00〜20:00
入場無料
会場:スパイラルガーデン(スパイラル 1F)
お問い合わせ:03-3498-1171(スパイラル代表)
ACCESS MAP

主催:株式会社ワコールアートセンター
コキュレーター:金澤韻
コミュニケーションディレクター:細川麻沙美
会場構成:土井伸朗(スープ・デザイン)
技術協力:金築浩史
協力:株式会社トベ商事、有限会社藤山商店、カラーキネティクス・ジャパン株式会社、
   一般社団法人日本流行色協会、株式会社中川ケミカル、HIGURE 17-15 cas
企画制作:スパイラル
詳細はこちらをご覧ください→
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_1590.html


展覧会名を「Deadline」としたアートフロントギャラリーの個展では、我々人類が越えてはいけない限界線を主軸にギャラリースペース全体を使いインスタレーションを展開する予定です。
スパイラルではどのような表現を見せてくれるでしょうか。是非ご覧ください。



「Deadline」展 イメージ photo by rai shizuno


 
| 関連作家情報 | - | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS