dialogue ART FRONT GALLERY

dialogue - Art Front Gallery

dialogue - Art Front Gallery
Echigo Tsumari Art Triennale 2015 Art Tour Report No.11  大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.11
Recommended Art Works
 
今年の大地の芸術祭もいよいよ終盤に入りました。
まだこれから、という方も多いはず。
300を超える作品の中からギャラリースタッフの厳選したお薦め作品を新旧とりまぜて
アートの視点から解説します。完成に至るまでのアーティストや製作スタッフの活動についてもご紹介します。
 
It is already the second half of the Triennale period this year.
Among more than 300 works in view, our gallery will be introducing those we would like to especially recommend. 
::::

作品リポート 11
Art Report 11: 

作家名 Artist: 田中 望 Nozomi Tanaka
作品タイトル Title: 特別企画展「京につながる越後妻有郷」 「ものがたりをつむぐ−雪にひらかれるみち−」
作品番号 Work: D273
場所 Location: まつだい郷土資料館(松代) Matsudai History Museum
制作年 Year: 2015 新作 latest work



今年の妻有において松代は珠玉の作品が並ぶ人気の地域となっている。
もともと、越後妻有アートトリエンナーレ発足時から作品の誘致に積極的であり、この地域なしではこの試みはなかったとまで言われているのが松代である。今は十日町のキナーレを全体のゲートとし、芸術祭インフォメーションの中心を街中に移した感はあるが、芸術祭発足の拠点として、雪国農耕文化センターまつだい農舞台は地元の元気なお年寄りとともに今も健在だ。現在は芸術祭期間中につき、妻有全体で約300を超える作品が展開中だが、その中でもイリヤ・エミリヤカバコフの棚田の作品、草間弥生の花を代表に約40の常設作品と芸術祭期間外の通年でも企画展を行う農舞台ギャラリーなど100近い作品がこの地域で見られるのだ。これに加えて大巻伸嗣、イ・ブル、カバコフ、アネッテ・メサジュの新作が追加され、まさに目白押しである。そんな過密地帯の松代において、是非紹介したい良い展示がまつだい郷土資料館にて開催されている。

Matsudai Area is one of the best and popular spot where has a lot of great works this year.
Since the Echigo-Tsumari Art triennale started, Matsudai is positive about inviting contemporary artworks in their area.
People says, if Matsudai was not like that, this triennale couldn’t make such huge success.
Since 2012, Tokamachi become the main center of information instead of Matsudai, however, Matsudai is still good enough as a base of this project launched with active seniors.
More than 300 art works are showing at Echigo – tsumari during the triennnale now.
Around 40 permanent works and Nobutai gallery where you can see crated exhibition even if it is out of triennale season that includes Yayoi Kusama’s flower sculpture and the most famous ilya & emilia kabakov’s art work in Tanada (small rice field in mountain). This year several new works added in the same area such as Shinji Ohmaki’s “Where the spiritual shadow descends” , “Dr.’s house” by Lee Bul, Arch of life by Kabakov, and “Les spectres de la maison Tsunne” by Annette Messager and the number reached about 100 works.
I would like to introduce an art work created by Nozomi Tanaka in Matsudai.
  


 
資料館のディレクターでもある舞踏家、森繁哉氏は、同じ山形出身でもあるこの若い作家、田中望を迎え、かつてこの地域の重要な産物だった織物を通した妻有と京とのつながりをテーマに特別企画展を開催、注目を集めているのだ。

The director of Matsudai History museum, Shigeya Mori called Nozomi to the special exhibition themed export and cultural exchange between Matsudai and Kyoto through Silk cloth that used to be the main production of Matsudai and Tokamachi. And this exhibition has draws many people’s attention now.
 
この地域の典型的な農家であり歴史を色濃く伝えるこの建物は、その外見だけでも十分立派なのだが、戸口から一歩入ると中も非常に広い。そんな広い空間に田中が作った行燈が所狭しと天井からつりさげられ、展開されているその姿に圧倒される。また、よく見るとその行燈一灯一灯には、田中のウサギを擬人化した独特な絵が施されている。

The building tells us the history of this area and it’s very typical house for farmers. This looks good and very huge. Inside of the house there are big rooms and you can see a lot of lantern hanging from ceiling and it’s stunning view.



 
田中望は1989年宮城県生まれ。東北の風土や民俗学の研究、フィールドワークからその成果をもとに絵画的に表現する作家である。
2014年にVOCA賞と呼ばれる40歳以下の若手作家を対象とした絵画の登竜門にて大賞を受賞、今年の初めには横浜美術館でNew artist Pickとして館内のアートギャラリーにて個展を開催するなど今まさに旬の作家である。
 
Nozomi Tanaka is born in Miyagi 1989. She does painting based on her own research about Folklore and cultural climate of Tohoku.
In 2014, she won the Grand Prize of VOCA that is gateway to success for young artist in Japan who is under 40years old. And also she had an solo exhibition in Yokohama museum as the New artist pick. So she is one of the best emerging artist in Japan.
 
今回が初の妻有参加になる作家は、持ち前の研究意欲で、作品を発表する松代地区を中心に越後妻有の民話や言い伝えを聞いて回った。また、フィールドワークを行い、会期の始まる数か月まえから現地入りして調査を続けていた。

This is the first time to join the Echigo Tsumari art triennale for her but she is very keen to study folklore in this area. Since several month before the triennale started, she was already visit Matsudai many times.



 
普段はこれら研究からの情報をもとに一枚の絵に物語を同時進行的に、俯瞰的な視点で表現する。その様子は洛中洛外図のように細部に特徴的な風俗を読むことができる一方、全体で社会そのものを示すように大きな物語にもなっている。
その描き方は今時とても珍しい。さらに特徴的なのはこの時代を逆行したような絵画の構成と鳥獣戯画を思わせる擬人化されたウサギが人の代わりに描かれるところである。
和を持って尊しとする日本人とよく言うが、東北や妻有のような厳しい地域では生き残るために、特に個よりも集団でのあり方に重きを置いてその生活は紡がれてきている。田中の描くウサギの集団は非常に端的に日本の村における社会性をあらわしているようである。
ゆえにこの方法においてこの土地のことを語るのは正に打って付けとディレクターの森氏は思ったのかもしれない。



 
今回、田中はまつだい資料館という、十日町の有形文化財としても指定されている、その土地の雰囲気を色濃く残す施設の中で、その持ち味を生かすべく、普段とは違ったやり方で調査研究の成果を空間的に実験している。

This time Tanaka is challenging to installation to use atmospheres of this old house.

150年あまりの古民家は非常に立派であり、その広い空間に作品を入れることは容易ではない。

The old house is too good to be itself not easy to add something.
 
普段なら襖絵など大きな絵としてこの土地の物語を紡ぐのかもしれないが、今回はあえて沢山あるこの土地の物語を短編化し綴りあげたのではないだろうか?

Normally, Tanaka creates huge painting to draw the story of this area, but this time, she may decide to draw as collection of many short stories on purposely.  
 
作家が今回の展示において、行燈をその媒体として選び、それをつるす形で家の空間の中に浮遊させたのは、単なる空間への造形的なアプローチだけではなく、本能的にこれら伝え聞く土地の物語が、過疎化と高齢化の中で消えそうな儚いものとして漂う現実を自身のフィールドワークを通して感じ取ったからかもしれない。

The reason for the choice of Andon by artist may refer the situation of this area that those stories she has collected is endangered position in nowadays. If she doesn’t draw it now, it will be forgotten by people. So, it’s ephemeral and floating around, Artist might feel it like that. 




今回行燈一つ一つに描かれた織物や農村の暮らし。これら短編の集まりは、空間を漂うことにより、より立体的にまた、多角的にこの地域の歴史、かつての京とのつながりに触れさせ、過疎化によって急速に失われつつある伝承や物語を現在の私たちとつなごうという作家の試みが見て取れるのではないだろうか。

By making this work, Tanaka tries to make us realize those culture and history of this area.
This is her challenge for disappearing the old culture in our new life.


(レポート 庄司秀行, reported by Hideyuki Shoji, Art Front Gallery)
 
| レポート | - | trackbacks(0) |
Echigo Tsumari Art Triennale 2015 Art Tour Report No.10  大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.10
Recommended Art Works
 
今年の大地の芸術祭もいよいよ終盤に入りました。
まだこれから、という方も多いはず。
300を超える作品の中からギャラリースタッフの厳選したお薦め作品を新旧とりまぜて
アートの視点から解説します。完成に至るまでのアーティストや製作スタッフの活動についてもご紹介します。
 
It is already the second half of the Triennale period this year.
Among more than 300 works in view, our gallery will be introducing those we would like to especially recommend. 
::::

作品リポート 10
Art Report 10: 

作家名 Artist: 田中 芳 Kaori Tanaka
作品タイトル Title:けれども、たしかにある光  Remaining Light
作品番号Work: K090
場所 Location: 川西 Kawanishi
制作年 Year: 2015


田中芳(1959-2013)は、草や木や石や士、雨や雪、流れる水、月、風など、自然をテーマに描く日本画家です。
一昨年、53歳の若さで急逝しましたが、画業25年の軌跡を彼女が愛した妻有の地で、初期の代表作「庭」「流」から「方丈」、抽象的な「線」、「□△○」、晩年の「塵」まで、田中芳の歩みに沿って展覧いたしました。

A sincere artist of Japanese painting, Kaori Tanaka (1959-2013) draws on motifs in the nature ranging from grass, trees, stones, soil, rain, snow, water flow, moon to wind.  She passed away at the early age of fifty-three two years ago, leaving behind her whole life as a painter over twenty five years.  We are thus pleased to present it in Echigo-Tsumari, beloved venue of the artist. Art works, chosen to remind us to appreciate the transition of her concept on nature and universe, include Garden, Current, early masterpieces, Hojo, posthumous work exhibited for the first time, abstract Line, Square, Triangle, Circle and Dust series in late years. 



photo Ishizuka Gentaro
 
作品を展示しているその建物は、240年前に建てられた「ぶなの木学舎」という古民家。豪雪を耐え抜いた骨太な日本家屋に、作品はすっぽりはまり込んでいます。その姿を見るにつけ、作家が生涯をかけて追及してきた、「空間と日本画との関係性」というテーマが如何なく発揮されている空間になったと思われます。
日本画は、襖や障子、屏風、床の間にかける一幅の掛け軸などから生まれました。日本家屋から生まれた絵画の起源というテーマに、ひとり果敢に挑戦してきた田中芳の姿勢が、琳派的な花鳥風月の世界から、抽象的な“線”そのものに移行していく過程と重ね合わせてみることができるでしょう。

Installed neatly in the old folk house of Bunanoki Gakusha built 240 years ago, the works demonstrate her lifelong project to pursue “the relationship between space and Japanese painting”, altering the whole muscular space for what the solitary-and–brave challenger has dreamed of.  What we call Japanese Painting was born out of Fusuma, Shoji or Sliding screen, Byobu, and Scroll painting etc.  In fact, her attitude for paintings transformed from traditional method and symbols in Rinpa Style into abstract “lines” themselves, which we can see at this show.
 


photo Ishizuka Gentaro

「私はいつも、作品が自画像の範囲で止まるのではなく、突き抜けて、その背後の“こと"の表現になり、それによって、鑑賞者の心を映すものになることを望んでいるー田中芳(個展「庭皿」に寄せてより抜粋)」

-I always hope that my work will go beyond the border of self-portrait, to reach the “event” behind it, and therefore reflecting the heart of the audience, by Kaori Tanaka (cited from her text on her solo exhibit Garden III).



photo Ishizuka Gentaro

(レポート 奥野恵, reported by Kei Okuno, Art Front Gallery)

大地の芸術祭のパスポートは東京事務局、代官山のアートフロントギャラリーでも販売しております。ガイドブックと合わせ出発前に手に入れて事前に計画を練って行かれると効率よく廻れます。
 
Triennale passport and guidebooks are also available in our gallery at Daikanyama, Tokyo.  Start planning your trip before getting there in Echingo-Tsumari. 
 
| レポート | - | trackbacks(0) |
Echigo Tsumari Art Triennale 2015 Art Tour Report No.9  大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.9
Recommended Art Works
 
今年の大地の芸術祭もいよいよ終盤に入りました。
まだこれから、という方も多いはず。
300を超える作品の中からギャラリースタッフの厳選したお薦め作品を新旧とりまぜて
アートの視点から解説します。完成に至るまでのアーティストや製作スタッフの活動についてもご紹介します。
 
It is already the second half of the Triennale period this year.
Among more than 300 works in view, our gallery will be introducing those we would like to especially recommend. 
::::

作品リポート 9
Art Report 9: 

作家名 Artist: 磯辺行久 Yukihisa Isobe
作品タイトル Title:土石流のモニュメント  A Monument of Mudslide
作品番号Work: M043
場所 Location: 津南 辰口 Tsunan, Tatsunokuchi
制作年 Year: 2015

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015は、人が自然のなかで生きてゆくために培ってきたさまざまな創意、工夫、技術の歴史が主要なテーマです。

The main theme of Echigo-Tsumari Art Triennnale 2015 is the history of innovation made by people of the area to struggle with the severe nature in their survival.


人々は自然とどのように折り合いをつけてきたのか、人々と自然のかかわりの歴史は、地域の近代化を支えてきた農業基盤整備や土木事業に着目することでみえてきます。
「土石流のモニュメント」のテーマは、2つの要素から成り立ちます。

How have they managed to meet with the natural disaster?  We can explore the history of man and nature through study of structural maintenance of agriculture or of civil engineering. The Monument of Mudslide is composed of two factors:



photo Ishizuka Gentaro

1)土石流の痕跡を表す。
津南町辰ノ口に最新式のセル式砂防ダム(砂防堰堤)が作られました。
2011312日長野県北部地震に伴い、山腹斜面が崩壊、下流の積雪や土砂を巻き込んで土石流となって硫下し、長さ100メ−トルにわたり、国道353号を埋没させました。その後、同年  4月にも融雪・降雨により2回目の拡大崩壊が発生し、国道を16万平方メートルの土砂が最大厚15メ−トル堆積しました。このセル式砂防ダムは将来起こりうる土石流を防ぐ目的で造った新潟県の土木事業です。
磯辺行久はこの地を舞台に土石流の痕跡の視覚化を試みました。高さ3メートルの黄色いポール約280本を設置し、土石流の痕跡を表現しました。大勢の地元の集落の人々が参加しました。

Sand control dam in Tatsunokuchi was built where the mudslide occurred because of the North of Nagano Earthquake in March 2011. Approximately 280 of three-meter tall yellow pole will trace the mark of mudslide. In addition, a staircase and observation platform will be built along the wall of dam overlooking the entire site.



photo Ishizuka Gentaro
 
2)越後妻有・土木フィールドミュージアム
敷地内の小屋には、妻有地域の地図に土木事業をポイントと写真を掲載し、この地域の特色を表しています。又、制作過程の動画を映写しています。
 越後妻有では、水力発電、砂防ダム、スノーシェッド、橋梁、トンネル、道路、雪崩防止柵などといった公共事業によって、生活が成り立ってきました。さらに、棚田、瀬替え、マブ、砂防ダム、堰、洪水、豪雪、雪崩、土砂崩れなど、この地域独特の事象から、自然と人とのかかわりを体感することができます。そして、ここは、今後の越後妻有・土木フィールドミュージアム構想の出発点となります。

Echigo-Tsumari Civil Engineering Field Museum
Inside the Museum, we can see the documents of map, civil engineering spots, photos, DVD of making video and others.  In this area, so many innovation such as water plant, sand control dam, snow shed, bridges, tunnel, roads and anti-snow fence have supported the people’s daily lives.  In addition, terrace pad for rice, sand control dam, water oriented rice pad, heavy snow, snow slides, water flow and mudslides have been the starting point to compose the concept the field museums of the locals. 

(レポート 奥野恵, reported by Kei Okuno, Art Front Gallery)

大地の芸術祭のパスポートは東京事務局、代官山のアートフロントギャラリーでも販売しております。ガイドブックと合わせ出発前に手に入れて事前に計画を練って行かれると効率よく廻れます。
 
Triennale passport and guidebooks are also available in our gallery at Daikanyama, Tokyo.  Start planning your trip before getting there in Echingo-Tsumari. 
| レポート | - | trackbacks(0) |
Echigo Tsumari Art Triennale 2015 Art Tour Report No.8  大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.8
Recommended Art Works
 
今年の大地の芸術祭もいよいよ終盤に入りました。
まだこれから、という方も多いはず。
300を超える作品の中からギャラリースタッフの厳選したお薦め作品を新旧とりまぜて
アートの視点から解説します。完成に至るまでのアーティストや製作スタッフの活動についてもご紹介します。
 
It is already the second half of the Triennale period this year.
Among more than 300 works in view, our gallery will be introducing those we would like to especially recommend. 
::::

作品リポート 8
Art Report 8: 

作家名 Artist: 戸谷成雄 Shigeo Toya, 原口典之 Noriyuki Haraguchi, 遠藤利克 Toshikatsu Endo, 青木野枝 Noe Aoki
作品タイトル Title:清津倉庫美術館 Kiyotsu Warehouse Musem
作品番号Work: N072
場所 Location: 中里 角間 Nakasato, Kakuma
制作年 Year: 2015

今回の大地の芸術祭を機にオープンした清津峡美術館では4人のアーティストの作品が見られる。H鋼を斜めに建て、従来は地中に埋まって展示されていた基礎部分も露出させた原口典之、杉を彫りこんだ柱を森のように配置した戸谷、上部空間を支えるような軽やかな鉄の造形12体を林立させた青木、長さ10メートルの木の船を置いた遠藤利克。それぞれがマッスとして空間を占有しながらもお互いの余白が響きあって心地よい。

Kiyotsu Warehouse Museum was open in 2015 as one of the most attractive sites in Echigo-Tsumari art Triennale 2015.  Four domestic artists are shown there; Noriyuki Haraguchi and Noe Aoki with iron works, Shigeo Toya and Toshikatsu Endo with wood pieces.  All are fairly large size massive leaving space which resonate with each other.


戸谷成雄 Shigeo Toya 
photo Ishizuka Gentaro


遠藤利克 Toshikatsu Endo
photo Ishizuka Gentaro

これらの作家はいずれも長い活動歴を持ち、海外でも高く評価されている。原口は2009年のBankARTでの「社会と物質」展の後作品がヨーロッパの美術館に収蔵されるなど近年再評価が高まっている。青木は昨年大規模な個展がスイス、ポーランド、ドイツを巡回した。戸谷と遠藤はハワード・フォックスが企画した「プライマル・スピリット」展(1991)にいちはやく名を連ね、西欧から観た視点の一つとして、日本のアーティストが物質そのものに向かい、自然に内在する精神との自己統一化を図っていく傾向のある作家として位置付けられた。欧米でアートの自立性が声高に唱えられた時代を経て、それぞれ独自の道を続けている彼らが今また新鮮な空気を吹き込むのは見る側として純粋な喜びを感じる。

These artists have long career and have been highly estimated in foreign countries.  Haraguchi recently had his piece in collection in a museum of Europe, Aoki had a solo show in 2014 travelling in Switzerland, Poland and Germany.  Endo and Toya were in the renown exhibit Primary Spirit curated by Howard Fox in 1991. They were discussed then to have a close attitude toward nature and show great respects for their (mostly natural) materials and creative process. They create and present their works as aspects of the universe, functioning within and as part of a larger natural order, contrasting to the Western modernist concept of autonomous works of art. Now after more than twenty years, their work appear as new as before.


photo Ishizuka Gentaro


キナーレの分館として構想されたこの倉庫美術館は、旧清津峡小学校を建築家の山本想太郎が改築したもの。展示空間となっている体育館は築30年余りの建物で、床の木を撤去したあとモルタルで均一にするなどコンテンポラリーなアートに合う仕様とした。会期中はカフェも営業。こちらもどうぞご利用ください!

This Museum is supposed to be a Branch Museum of Kinare, a renovation of former Kiyotsu Primary School.  Renewed by the architect Sotaro Yamamoto, it suites well to house contemporary art.  There is also a café to welcome you!

(レポート 奥野恵, reported by Kei Okuno, Art Front Gallery)

大地の芸術祭のパスポートは東京事務局、代官山のアートフロントギャラリーでも販売しております。ガイドブックと合わせ出発前に手に入れて事前に計画を練って行かれると効率よく廻れます。
 
Triennale passport and guidebooks are also available in our gallery at Daikanyama, Tokyo.  Start planning your trip before getting there in Echingo-Tsumari. 
| レポート | - | trackbacks(0) |
Echigo Tsumari Art Triennale 2015 Art Tour Report No.7  大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.7
Recommended Art Works
 
今年の大地の芸術祭もいよいよ終盤に入りました。
まだこれから、という方も多いはず。
300を超える作品の中からギャラリースタッフの厳選したお薦め作品を新旧とりまぜて
アートの視点から解説します。完成に至るまでのアーティストや製作スタッフの活動についてもご紹介します。
 
It is already the second half of the Triennale period this year.
Among more than 300 works in view, our gallery will be introducing those we would like to especially recommend. 
::::

作品リポート 7
Art Report 7: 

作家名 Artist: リュウ・ジャンフォア(刘建华)/Liu Jianhua
作品タイトル Title:捨てられたもの Discard
作品番号Work: K089
場所 Location: 川西 千手 Senjyu, Kawanishi
制作年 Year: 2015
 
リュウ・ジャンファは1962年生まれ、現在は上海を基点に国際的に活躍する作家で磁器を使った現代アートをしています。中国の漢字を見ると刘建华となっていますが、日本や台湾では一般的に劉建華と表記した方が分かりやすいかもしれません。
 
Liu Jianhua was born in 1962 and based in Shangahi.  He has been using porcelain as a material to create contemporary art. 
 
シドニー・ビエンナーレ、モスクワ・ビエンナーレを始め2003年にはベネチア・ビエンナーレの中国館にも出品。蔡國強やホァン・ヨンピン(黄永砅)、アイ・ウェイウェイ(艾未未)など国際的に活動する1950年代生まれの中国作家の次の世代の代表のひとりと言えます。
 
He participated in many international biennales such as, Sydney, Moscow and Venice.  He is one of the leading Chinese artist and belong to the next generation after Cai Guo-Qiang, Huang Yong-Ping and Ai Wei Wei who are born in 1950s.
 
近年、大地の芸術祭は空き家や廃校を使ったプロジェクトが増え、そういった作品を期待されているお客さんも多いようです。もちろんそうした作品もよいのですが、せっかく「大地」の芸術祭という名前の付いたイベントです。自然を背景に写真映えするよい屋外作品がもう少し増えればいいなと思っていました。
 
Recently, there are number of art projects using empty houses and school buildings in this triennale.  We hear that many visitors also like to see those works which are installed in such historic indoor spaces.  But we have a Japanese name of Echigo-Tsumari Art Triennale called “Daichi-no Geijyutsu-sai, meaning “Art Festival of the Land”.  We hoped that there would be new interesting work realized in outdoors.
 
そんな中で今回の劉建華の設置場所となった場所は重要です。川西の千手神社の横手にかつて奉納相撲が行われていた場所。すり鉢状になった地面の真ん中に土の土俵の跡が四角く盛り上がっています。緑に囲まれた気持ちの良い場所で、歴史的にも特別な意味合いがあるという点で、私達もここに今夏の大地の芸術祭を代表するような作品を作ってくれる作家を探していました。

From this point of view, the project site for Liu was very important.  It is located beside the old shrine, and is a historic site where local Sumo wrestling was held in the old days.  It is a quiet and excellent environment surrounded by trees and we were looking for a good artist whom we can expect a very good art project.


2014年の後半、作家の現場視察(大地の芸術祭HP、11月9日の記事より)
Artist’s site visit in 2014

今回の作品は大きさとしてもインパクトが大きい印象的で、場所との兼ね合いで絶妙な意味を引き出すことにも成功している素晴らしい作品です。作家は景徳鎮で制作されまた数1000ピースもの白い磁器を持ち込んでいます。磁器の多くは私達の日常見かけるテレビ、瓶、おもちゃ、ドラム缶などの形をしていて、都市のごみを連想させます。
 
For this time, he is working in outdoors and the size of the project itself give us a large impact, as well as the reflective meanings the work rises up from its surrounding environment.  The artist brought thousands of pieces of porcelain made in Jingdezhen which have a shape of common daily objects such as TV, toys, bottles, etc which also looks like a trash from the city.



作品タイトルDiscardが示すように、壊れて破棄されたもので、もはや役に立たないものでしょう。なにより面白いのは真ん中にある「もともと土俵であった」起伏をうまく利用していることです。

As shown in his title, “discard, the objects are wastes which lost their functions.  The most interesting point about the work is that the artist is using a square mound in the center, which used to be a Sumo wrestling field in the old days.



しばらく見ていると、打ち捨てられたような磁器そのものが林立するビルの様に見え、この白い破棄された磁器が東京にも見えてきます。例えば東京であれば皇居とかニューヨークであればセントラルパークの様に都市にもこのように整備されたり囲い込まれた緑地帯があり、それが密集するビル群を際立たせて見せてみせるように、ここでは緑の土俵が作品のスカイラインを際立たせてくれています。
 
As we see the work, we begin to realize that the porcelain resembles to buildings of the city, such as Tokyo.  As the Imperial palace in Tokyo, or Central Park in NY, there are large green preserved area which makes a large contrast to the buildings.  Here the green mound gives a clear skyline to the work.
 
真ん中の土俵の部分に植えられているのは芝生でしょうか。明らかに作品周囲にある森とは違って、人工的に作り上げられた守られた都市の自然のようです。考えてみればこの土俵でさえ、使われなくなり、遺跡の様に次第に風化して存在が忘れれてゆく、捨てられてしまったものなのかもしれません。そんな場所にこの作品は人工的な自然を作り、都市で囲い込む。その作品の外側を本当の自然が取り囲んでいます。
 
We assume that the Sumo section in the center is covered with glass.  This human made and protected square space makes another contrast with the surrounding natural environment.  Maybe this historic square space is another discarded area which would be forgotten in the future.  The project intentionally covered the square space with man-made nature, to be protected by the ruins from the city.  The real nature is quietly surrounding the whole.



この作品を訪れて作品と共に印象的だったのが、集落のお年寄りの存在でした。お客さんを呼び止めてお茶を出してくれたり、昔話をしてくれたりします。おそらく作品作りにも初めは半信半疑で、途中からはアートだか何だかわからないとしても面白がって付き合ってくれたのでしょう。こうして作品と人を繋いだ作家や関係者の力量も垣間見ることが出来ます。作家の視察の時の写真と完成した作品を比べるだけでも違いは一目瞭然。作品を置くための環境作りとか、真ん中の芝生もきっと彼らのかの誰かが植えたり整備しているのでしょうか。
 
The most impressive experience to visit this work is that the old people from the neighborhood are waiting for visitors to offer us a cold glass of tea.  They will talk about the old days and talk about their experience when they helped to create the installation.  We can understand that even they would not able to understand the work from the beginning, they must have experience special moment by supporting the project.  By comparing the photograph before the installation and the result of the installation, we can imagine how people collaborated not mere to install the piece but to create the environment to install the work. 
 
もちろん今現在の姿しか見ることの出来ない私達は作品搬入前と搬入後を見比べる必要はないのですが、作品を際立たせるための環境作りというのは場所に寄り添う作品にとって重要な要素であって、そこに人が関わっている。オープン前の手伝いについて楽しそうに話してくれるお年寄りの存在がとても印象的で、この芸術祭でなければ起こりえない奇跡のようなものを感じました。
 
Environment not be a part of the work, and we do not actually compare photographs when you stand in front of the work.  However, for the site specific piece, environment directs how the viewer would see the work.  And we can see here ow the artist and the coordinators worked to connect the work, space and people.  Seeing those elderlies, I was able to imagine that a sort of miracle had happened here which would never happen without this triennale.
 
(レポート 近藤俊郎, reported by Toshio Kondo, Art Front Gallery)


大地の芸術祭のパスポートは東京事務局、代官山のアートフロントギャラリーでも販売しております。ガイドブックと合わせ出発前に手に入れて事前に計画を練って行かれると効率よく廻れます。
 
Triennale passport and guidebooks are also available in our gallery at Daikanyama, Tokyo.  Start planning your trip before getting there in Echingo-Tsumari. 
 
| レポート | - | trackbacks(0) |
Echigo-Tsumari Art Triennale 2015 Art Tour Report No.6  大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.6
Recommended Art Works
 
今年の大地の芸術祭もいよいよ終盤に入りました。
まだこれから、という方も多いはず。
300を超える作品の中からギャラリースタッフの厳選したお薦め作品を新旧とりまぜて
アートの視点から解説します。完成に至るまでのアーティストや製作スタッフの活動についてもご紹介します。
 
It is already the second half of the Triennale period this year.
Among more than 300 works in view, our gallery will be introducing those we would like to especially recommend. 
::::

作品リポート 6
Art Report 6: 

作家 古郡弘  Artist Name Hiroshi Furugori
タイトル  胞衣―みしゃぐち
作品番号 T134
場所 Location 十日町・下条エリア願入 Tokamachi Gejo area, Gannyu
制作年 Date 2006
 
十日町市の市街地より北東に車で40分ほど山にはいったところに下条地区の願入という全戸4軒という集落があります。この集落のことは大地の芸術祭の人気施設やきものミュージアム「うぶすなの家」があることで知る人も多いかもしれません。今回ご紹介するのは、この「うぶすなの家」から、さらに奥地へ少し入ったところにある古郡弘の作品『胞衣‐みしゃぐち』です。「胞衣(えな)」とは、胎児を守る胎盤を意味します。

40 minutes by car into deep mountain side heading north-east from Tokamachi city center, there is a village called Gannyu of Gejo area. This small village of only 4 families living is known by the pottery museum “Ubusuna House”, one of the most popular facilities of Echigo-Tsumari Art Field. The art work “The Plancenta - Mishaguchi” by Japanese artist Hiroshi Furugori, is little more drive up the mountain from Ubusuna House.



 
今は草の生い茂る土手に隠されるようにひっそりとある大きな土壁でつくられた回廊式の空間。その中庭には2011年の中越地震で崩れ落ちた屋根が取り払われたあと、自然の屋根となるようにと植えられたブナやトオカエデ、もみじ、だんごの木といった樹木が生い茂ります。そこかしこに草が生え、自然の生命力に浸食されながら人間の労働の痕跡が残されているとでもいえるような印象です。

The art work is there quietly hidden behind thick grass covered bank, a patio kind of space made by huge mud wall corridor. The roof once there was collapsed after the Chuetsu Great Earthquake in 2011, and now the planted trees such as beech and maple grow to cover the patio. Wild plants grow elsewhere, but still the trace of human labor is left under the erosion of nature vitality.



2006年当時の様子

この作品は2006年に新作として発表され、圧倒的な土の存在感と、それに包み込まれるような安らぎと厳かな聖性を感じられる作品として会期終了間際は行列のできるほどの大人気となりました。当時はありありと土地を切り開いて新たに手を加えた跡が生々しいような作品だったともいえるのですが、これだけの年月を経て、あたかも1000年前からここにあったかのように自然と溶け合っている様子に、私たちは越後妻有という土地に現代アートがかかわり続けたこの十数年に思いいたすことができるのかもしれません。

This art work was first presented in 2006, the 3rd edition of Echigo-Tsumari Art Triennale. It was one of the most popular art works of that edition and we could see a long cue lined up outside the art work. Its overwhelming presence of soil and the feeling of sheltered calmness gave people a fresh impression of one type of contemporary art work in this rural site. The traces of land opened up for this installation was rather raw but after these years passed, the work seems to fit into the land as though it stood for 1000 years. This landscape we can see today may let you imagine and think of the long process of how was the contemporary art made commitment to this land of Echigo-Tsumari.
 


現在の様子

古郡は1947年生まれ、武蔵野美術大学の後、イタリア国立ブレラアカデミーに学び1984年に帰国してから日本をベースに活動。大地の芸術祭との関わりは2000年の第1回からで、2003年に下条地区の別の場所にある休耕田を使った作品『盆景-供戮伝説的に語られる作家でもあります。制作は難航し、最後には下条地区が一丸となって老若男女が手伝いに入り、悪天候のなか不可能と言われた作品の完成を実現させたといいます。この作品は春の田植えのために土に返されたのですが、地元住民と作家の労働をつうじた協働と交流は大地の芸術祭の理念に基づく夢のような話でもあり、今に語り継がれています。この出来事があった次の芸術祭で生まれたのが『胞衣‐みしゃぐち』なのです。

Furugori was born in 1947 in Japan. After graduating from Musashino Art University in Japan, he studied in Brera Academy of Italy and worked there until 1984. His relation with the Echigo-Tsumari Art Triennale was from the first edition in 2000. His work “Bonkei-2” for the 2nd edition in 2003 is now a legendary spoken. He used the resting rice terrace in Gejo area, making a huge soil walls. When the production became very tough and it was not on schedule, the people of Gejyo, from old to young, helped the artist to go through this production days and days even under the bad weather. In the end the impossible was possible and work was completed. This work was broke down in the spring for the rice planting. This marvelous collaboration and exchange between the artist and the local people through labor is one special episode spoken until today which shows us the actual concept of Echigo-Tsumari Art Triennale. 

(レポート 林泰子, reported by Yasuko Hayashi, Art Front Gallery)

大地の芸術祭のパスポートは東京事務局、代官山のアートフロントギャラリーでも販売しております。ガイドブックと合わせ出発前に手に入れて事前に計画を練って行かれると効率よく廻れます。
 
Triennale passport and guidebooks are also available in our gallery at Daikanyama, Tokyo.  Start planning your trip before getting there in Echingo-Tsumari. 
| レポート | - | trackbacks(0) |
Echigo-Tsumari Art Triennale 2015 Art Tour Report No.5  大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.5
Recommended Art Works
 
今年の大地の芸術祭もいよいよ終盤に入りました。
まだこれから、という方も多いはず。
300を超える作品の中からギャラリースタッフの厳選したお薦め作品を新旧とりまぜて
アートの視点から解説します。完成に至るまでのアーティストや製作スタッフの活動についてもご紹介します。
 
It is already the second half of the Triennale period this year.
Among more than 300 works in view, our gallery will be introducing those we would like to especially recommend. 
::::

作品リポート 5
Art Report 5: 

作家名 Artist: レアンドロ・エルリッヒ Leandro Erlich
作品タイトル Title:トンネル Tunnel
作品番号 Work: T224
場所 Location: 越後妻有里山現代美術館(十日町) Echigo-Tsumari Satoyama Museum of Contemporary Art KINARE
制作年 Year: 2012

レアンドロ・エルリッヒは1973年生まれアルゼンチン出身のアーティスト。金沢21世紀美術館にあるプールの作品で有名な作家であるが、日本の中で最も広く知られている外国人の現代美術アーティストと言っても過言ではないだろう。

Leandro Erlich is an Artist who was born in 1973 from Argentina. We can say, he is the most well known in Japan as a foreign artist who made famous swimming pool in 21st Century museum of contemporary art Kanazawa.

その作家の作品が越後妻有にある事はご存知だろうか?
2006年に初めて参加し、大きな鏡を用いた、妻有の家という仮設の作品を発表。その後も2012年から越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭のメインステージの一つ、越後妻有里山美術館[キナーレ]に不思議な倉庫を展示している。

I bet some people still don’t know his work also exhibiting in Echigo-Tsumari.
In his carrier, his first shown his work in Echigo-Tsumari is 2006. And he showed his huge mirror piece that is called “House of Tsumari” After that he has exhibiting his bizarre Storage house in Echigo- Tsumari Satoyama Museum of Contemporary Art KINARE that is one of the main stage of Echigo-Tsumari art triennial since 2012.


 

十日町のメインステージとして、原広司によって設計された交流館キナーレは、前回の芸術祭、2012年に現代美術館としてリニューアルオープンしている。
ディレクターの北川フラム氏は大地の芸術祭が行われる里山全体をフィールドミュージアムと定義し、この施設をそこへの玄関口と位置づけ、植生、気候、食、文化など越後妻有の様々な要素を盛り込み、縮図として魅せようとしている。その基幹施設の2F展示室に入ってすぐのところにレアンドロの倉庫は鎮座している。

Exchange hall KINARE that designed by Hiroshi Hara has been renewed as Contemporary Art museum at Last triennial in 2012.
Fram Kitagawa who is main director of Echigo – Tsumari Art Triennial define those Satoyama area in Echigo- Tsumari as the field museum and he also place the facility as an entrance of it. He tries showing many elements such as the vegetation, climate, food and culture as their microcosm. Leandro’s storage has been placed in the main facility.

 

(Photo Osamu Nakamura)

展示室に入るとまず目に飛び込んでくるのは展示室内いっぱいに配置された広葉樹の林である。そしてその中にこの地域でよく見られる天井部が半円状の形をしたかまぼこ型の倉庫がある。

Firstly, what things catch our eyes are woods consisted by broad leaf tree in the room when we entered the 1st exhibition room. Inside the trees, there is an storage that the roof formed as Kamaboko (Japanese fishcake) : the roof shaped as a semicircle.




この地域は非常に雪深く冬季には4mを超える雪が降り積もる。この世界でも有数の豪雪地帯ならではの耐雪を考えた形である。

This area has much snow that basically piled it more than 4m height in winter time.
The storage form is well considered to bear the pressure from heavy snow in one of the most heavy snowfall area.

入り口には、ドラム缶などが置いてあり、この作品は美術館の中にあるのだが、まるで道端にある倉庫のようにディテールにも凝っているのが非常に彼らしい。

In front of entrance, the oil drum has placed as a normal view of this area even this artwork is located in a museum. Such as well considered and detailed expression shows his own character for his idea for creation.
 
中に入るとなんとそこはトンネルになっている。
こちらもまた、精巧に作られており、地面や壁の少し湿った感じまでしてくるようだ。

Inside of this storage you will see it has made as an inside of a tunnel.
That is also made very detailed and you can see it as real. That make me feel moisture of wall and road inside a tunnel.


トンネルもまた、この地域に欠かせない物の一つである。
The tunnel is also the symbolic one which cannot look over in this area.




というのも、越後妻有は、6つの地域と200を超える集落がありそれぞれが山間部まで入り込み点々としている。1970年代の高度成長期以降これらの地域をつなぐ間には必ずと言っていいほどトンネルがあり地域の重要な交通手段になっている。

In Echigo-Tsumari, there are 6 area and more than 200 settlements that some of them are even placed inside mountain. Tunnel is necessary to connect all those areas since it built in 1970s, 
 
作家はこの越後妻有に足を初めて踏み入れた時から魅了されてきたトンネルとかまぼこ倉庫をこの地域の重要な特徴と捉えその二つを組み合わせた作品へと昇華している。

Leandro combine those 2 symbols of this area that artist has been fascinated with since the very first he arrived here to create the art work which is uniquely and distinctive in that area.
 
初めの着想は、2005年。視察を終えたレアンドロが提出したのは実際のトンネルを中で2つに分け視覚的トリックの仕掛けられた出口と通常の出口の両方を持つトンネルというアイデアだった。
実際には間違って事故が起きる可能性を考慮して実際のトンネルを使う案は却下されて2006年の鏡を使った作品へと変更を余儀なくされている。

The first idea was in 2005. He has handed in his first proposal that is creating real tunnel which has 2 exits that one is visually tricked and one is normal to use in people’s life.
However, that idea was rejected, because, it could be dangerous.
Then he changed his plan finally, and made the huge mirror work in 2006.

2012年に完成したこのトンネルという作品はレアンドロが温め続けてきた、そのアイディアを実際に形にしたものなのだ。
The work called tunnel which has done in 2012 was his ardent wish that he keeps the idea warm long time. Finally he made it in form.
 
最後にこの作品をよりよく鑑賞するためのポイントをご紹介したい。
Finally, I want to suggest a point how to look at the work better.
 
レアンドロの作品は、鏡などの現象をうまく用い、我々の視覚に対しトリックを仕掛けてくる。しかしそれが、ただのトリックアートと一線を画すのは、我々がよく知る当たり前のことを利用し、既知の物事に対して揺さぶりをかけてくるところである。それ故そのトリックは単純であり、わざと種明かしをしている。

Leandro’s work trick us into thinking something real its often using material such as mirror.
However, It is clearly different from a trick art because he uses common things in our daily life to make us doubt our understanding. Therefore, the trick is always easy and let you into the secret purposely.
 
実はこのトンネル中に入るとある視覚的作用によって人が突然巨大化して見えるのだ。
しかし、この作品を訪れる人の約半数はこの作品の正しい鑑賞方法を知らずに、只々トンネル内を通り過ぎてしまっているように見受けられる。

Actually you can see people are suddenly looked as a giant by some visual effect by this tunnel when you enter inside of the tunnel. But in mostly case, people just go through without realizing it, because they don’t know right way of appreciation of this work.
 



この現象を体感するには巨大化する人を見るための場所と巨大化する人との位置関係が重要になる。
 
2人で訪れた際には一人は入口付近から動かずに出口を見つめ、もう一人が出口へ向かってそのまま進んでもらう。するとどうだろう、先に進んだ人の体がみるみる大きくなっていく。
出口付近に達するころには4m越えの巨人へと変貌する。
逆に出口側からは入口に残された人が遠くに小さくみえるのでそちらもぜひ試してほしい。

The people’s positional relation is the most important points for enjoying this work.
If you visiting the site, one person should be positioned near entrance, then look at the other people is keep going through to the exit. When the person get to near the exit, the parson’s body looked gradually getting bigger. In the end, if the person come to the exit, his body looked as changing to a giant who has more than 4m height.
Conversely, from exit point to look at the people in entrance, you can see the depth of the tunnel and people looked as a midget. Please kindly try the both way.
 
 
見るだけではなく体験こそが、妻有の作品たちの大きな魅力である。
美術館にて、いの一番にそれを伝えてくれるこの作品はまさしく越後妻有のゲートにふさわしい作品である。

Having physical experience is most fascinated point of artworks in Echigo-Tsumari more than just look at it. This is the reason why this work is here and it’s suitable as the first encounter in this museum.


(レポート 庄司秀行, reported by Hideyuki Shoji, Art Front Gallery)

大地の芸術祭のパスポートは東京事務局、代官山のアートフロントギャラリーでも販売しております。ガイドブックと合わせ出発前に手に入れて事前に計画を練って行かれると効率よく廻れます。
 
Triennale passport and guidebooks are also available in our gallery at Daikanyama, Tokyo.  Start planning your trip before getting there in Echingo-Tsumari. 
 
| レポート | - | trackbacks(0) |
Echigo-Tsumari Art Triennale 2015 Art Tour Report No.4  大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.4
Recommended Art Works
 
今年の大地の芸術祭もいよいよ終盤に入りました。
まだこれから、という方も多いはず。
300を超える作品の中からギャラリースタッフの厳選したお薦め作品を新旧とりまぜて
アートの視点から解説します。完成に至るまでのアーティストや製作スタッフの活動についてもご紹介します。
 
It is already the second half of the Triennale period this year.
Among more than 300 works in view, our gallery will be introducing those we would like to especially recommend. 
::::

作品リポート 4
Art Report 4: 

作家名Artist: カテジナ・シェダー Kateřina Šedá
作品タイトル:Work in Progress, for Echigo-Tsumari
正式タイトル (外丸:世界一周、Tomaru: A Journey Around the World)
作品番号Work: M044
場所 Location: 津南町 外丸
制作年 Year: 2015
 
1977 チェコ共和国ブルノ生まれ。ドクメンタやリヨンビエンナーレなど国際展でも引っ張りだこで急速に活躍の場を増やしてきた気鋭のアーティスト。2010年には森美術館の注目の若手作家の企画展でも紹介されています。

Born in 1977, Brno, Czech Republic.  The artist has participated in many notable exhibitions such as Documenta and Liverpool Biennale.  In 2010, she has been introduced at Mori Art Museum. 

物を作るというアーティストの一般的な姿勢と異なり、彼女の作品は人々にインタビューをし、その生活の中から地域の問題点を探り、ゲームなどを通して人々と一緒に作品を作り上げる特徴があります。そんな若手の成長株のアーティストに外丸という集落に関わってもらいながら作品を成長させていってもらいたいとの思いで作家の視察を事前に行いました。

Unlike common understanding of an artist who creates an object by her / himself, Seda working process contains interviews to find problems in people’s life and wprk with ordinary people to create work thorough workshops and games.  Hoping to have an opportunity to develop a long term project with people in Tomaru community and the artist, organizers invited the artist long before the opening of the triennale.


信濃川の対岸から外丸集落を見るカテジナ・シェダー
The artist looking over Tomaru community

集落の人達と家を巡り歩いたり、床屋さんでそこを訪れてくるお客さんをつかまえて話しかけたりしながら、自分とは全く文化も習慣も異なる中での活動に戸惑いながらも、人々の日常生活をまず知ることを熱心なアーティストでした。高齢化など、自分の母国でも起きていることとこの地域の違いが何であるかを検討したり、2015年の春に再度来日をする予定で帰国後もテーマを検討することにかなりの時間を割きました。その後も日本語の出来るアシスタントを派遣して調べ残したことを調査したり、寸前まで様々なプランが送られてきたりして、今回はどれを実現するか非常に悩みました。
 
Working in a completely different situation from her own culture, she was very zealous artist who was eager to know about people’s living condition in Echigo-Tsumari. The arist walked all around the community and waited for people to come in at the only barbershop in the village. She spent a long time considering about the aging problem in the village in order to understand the specificity of the place comparing the same issue happening in European countries.  Though she was scheduling to visit the community again in the springtime this year, she also sent out her assistant who is able to speak Japanese to know more about the community.  The artist finally sent us so many ambitious plans so that it was very hard to select one plan to be realized.
 
そうした中で今回実現したプランはまず越後妻有や地域の地形を作品に盛り込み、長いくねくねした道や川をテーブルで表現すること。次に、そのテーブルの一部に外丸を表現しそこに集落のそれぞれの家に作ってもらった写真アルバムを置くことで地域の日常と来訪者の出会いをテーブルの上で実現しようというものでした。設置場所は旧保育園で校庭にもテーブルが長く伸びてゆきます。

The plan which was realized was to create a winding line of table which resembles the road and rivers in Echigo-Tsumari.  And to make a community area in the line of table an d to place collected albums from the community which represents the present situation of the place.  The table should be a place where the people of the community would meet visitors of the triennale from many parts of the world.  The installation was held in ex-kindergarten.  The line of tables stretch in and out form its building.


作家によるプランドローイング
drawing by the artist


校庭に伸びるテーブル
extension of tables in the garden

テーブルは建物の外から中へ、階段を上ったり、大きくうねって窓の外に出て行ったかと思うと別の階の窓から建物の中へと続いていきます。実際の長い道を走ってようやく集落を辿りつくように、来訪者は実際の道の様に長く続くテーブルを見ながら2階の最も大きな外丸という集落を表現した部屋に到ります。

Tables would go up the staircase and go out.  As the real travelers would reach the community using the winding road, visitors to the triennale would find the Tomaru community inside the building.


信濃川へ突き出した外丸集落



大きな部屋のテーブルとアルバム

実際の地図を見ると信濃川は外丸集落のあるエリアで大きく蛇行しており、集落はその大きな蛇行へ突き出した場所にあります。川の流れ変化を利点として、このエリアは鮭が昔沢山遡上していた頃、漁業が大変盛んでした。旧保育園の展示室ではテーブルが信濃川の流れのように大きく蛇行しています。アーティストは会期前に集落の
100を超える全ての家々にカメラなどを配り、自分の好きな集落の風景や季節の移り変わりを収めてほしいと依頼しました。一人住まいのお年寄りの家も多い中、アルバムを集落で協力しながら完成し、実際に100を超えるアルバムが並んでいますが、集落の団結力が垣間見られます。実際にアルバムを手にしてみると、人々の暮らしや地域への思いが伝わってきますし、それぞれが非常に面白く出来ています。
 
Like the real Tomaru community stretches out to Shinano river as shown in the map, the community is represented in the installation with similar curve of the table line.  The artist distributed the villagers cameras to take photos their favorite places in the community. There are numbers of old generation living alone finding hard time to make their own album,.  But thanks to the communities large help, we were able to collect more than 100 albums for the installation.  The visitors to the triennale would actually be able to see these albums.


山道を思わせるテーブルが教室の中を走る

この他にもよくよく見ると曲がりくねったテーブルの上に保育園にあった自動車のおもちゃがひっそり隠されていたり、実際の集落の家々に様々な言葉で「ようこそ」と書かれている白い旗が立っていたり作品に関わるさまざまな発見がいっぱいの展示です。来訪者と集落の出会いこそが作品であるとの考えがこの展示の中核にあり、大地の芸術祭の最大の魅力を凝縮しようとした作品だと言えるでしょう。

We are able to find more interesting details in the installation such as toy cars running on the curving tables, or real white flags hung on the entrance of their real houses saying the salutes in many different languages.  The work is about creating a gathering space for the villagers and visitors.  It represents the condensed aim of the triennlae itself.
 
 (レポート 近藤俊郎, reported by Toshio Kondo, Art Front Gallery)
 
| レポート | - | trackbacks(0) |
Echigo-Tsumari Art Triennale 2015 Art Tour Report No.3  大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.3
Recommended Art Works
 
今年の大地の芸術祭もいよいよ終盤に入りました。
まだこれから、という方も多いはず。
300を超える作品の中からギャラリースタッフの厳選したお薦め作品を新旧とりまぜて
アートの視点から解説します。完成に至るまでのアーティストや製作スタッフの活動についてもご紹介します。
 
It is already the second half of the Triennale period this year.
Among more than 300 works in view, our gallery will be introducing those we would like to especially recommend. 
::::

作品リポート 3
Art Report 3: 

作家名Artist: ジミー ・リャオ Jimmy Liao
作品タイトル:Kiss Bye
作品番号Work: T325, T326
場所 Location: 飯山線土市駅、水沢駅 Doichi Station, Mizusawa Station on Iiyama Line
制作年 Year: 2015

単線の飯山線駅に降り立つと、カマボコ型の小屋がみえます。一日にほんの少ししか乗降客のいないこの駅がこの夏、大勢の来場者をよびこんでいます。中にはいると電車の走っていくようすが映像で流れ、両脇には絵本の原画が並んでいます。

Arriving at the station of single-track Iiyama Line, you will find hog-backed hut of Jimmy Liao.  There inside, you see the screen illustrating the story of Kiss Bye, and the original paintings for the book on the walls.

 
(c)Gentarou Ishizuka

野山を走っていく電車の中で家族と過ごしたいろいろな場面を思い出しながら、次第に未来に向かって「ひとり」を意識し、大人になる決意をする僕。傍らにはいつもパートナーのプリンがいて、勇気を与えてくれます。そんなほのぼのとした作品が心に響いてくるのも、駅を取り囲む自然の美しさがまずゆったりとした感覚を投げかけるからかもしれません。また、山がちな周辺地域をトンネルで結んできた地域のたくましさ、北陸新幹線等によって在来線の利用が減ってくる哀愁も感じさせる作品です。

The boy in the story, accompanied by his dog, recalls many memorable scenes with his family in the past, and feels his independence more accurately, becoming more matured
than before.  The whole work is impressive in this calm environment, whereas some scenes with tunnel refer to the characteristic geology of the Tsumari area.


 (c)Gentarou Ishizuka

ジミー・リャオは台湾の人気絵本作家で、その作品は15か国以上で翻訳されています。
彼が自ら公募部門に応募してこの作品の実現にこぎつけたことは、妻有が東アジアに根付き、アーティストや来場者を刺激していることを示しているのではないでしょうか。

Jimmy Liao is best-seller artist of illustrated books in Taiwan, and his books have been translated in more than fifteen countries. This time, he applied by himself to art competition at Echigo-Tsumari Art Triennnale and was selected to realize his proposal.  It may indicate the popularity of Triennnale in East Asia inspiring artists and audience in wider range. 

(レポート 坪井みどり, reported by Midori Tsuboi, Art Front Gallery)

大地の芸術祭のパスポートは東京事務局、代官山のアートフロントギャラリーでも販売しております。ガイドブックと合わせ出発前に手に入れて事前に計画を練って行かれると効率よく廻れます。
 
Triennale passport and guidebooks are also available in our gallery at Daikanyama, Tokyo.  Start planning your trip before getting there in Echingo-Tsumari. 
| レポート | - | trackbacks(0) |
Echigo-Tsumari Art Triennale 2015 Art Tour Report No.2 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.2
Recommended Art Works
 
今年の大地の芸術祭もいよいよ終盤に入りました。
まだこれから、という方も多いはず。
300を超える作品の中からギャラリースタッフの厳選したお薦め作品を新旧とりまぜて
アートの視点から解説します。完成に至るまでのアーティストや製作スタッフの活動についてもご紹介します。
 
It is already the second half of the Triennale period this year.
Among more than 300 works in view, our gallery will be introducing those we would like to especially recommend. 
::::

作品リポート 2
Art Report 2: 

作家名Artist: マーリア・ヴィルッカラ Maaria Wirrkala
作品タイトル:ファウンド・ア・メンタル・コネクション3  全ての場所が世界の真ん中
Found a Mental Connection 3: Every Place is the Heart of the World
作品番号Work: D102
場所 Location: 松代エリア蓬平
制作年 Year: 2003
 
マーリア・ヴィルッカラは1954年生まれのフィンランドのアーティスト。北欧を代表する食器デザインメーカー、現在のイッタラ社のガラスの器のデザインなどでも知られるタピオ・ヴィルッカラが父にあたる。父親のデザインにも共通する繊細さながらも詩的な情緒を併せ持つ作品で知られ、私達の日本人の感性にも分かりやすい作品を作っている。自然と人間の関係性における考え方など、ムーミンの著者トーベ・ヤンソンの思想を受け継ぎながら、大きな自然と闘いながらもそれと共存してきた伝統や、人々の暮らしの中で息づいてきた記憶や伝説を受け入れる作法を製作の基盤として作品化しているように感じられる。

Maaria Wirkkala is a Finish artist born in 1954.  She is a daughter of a designer Tapio Wirkkala known for his glassware design for Ittala. She is known for her delicate installations which share their characteristic with the artist’s father, and I believe that the artist’s works also have common sensibility with Japanese tradition.  Including the relationship between human and nature, she also shares the idea of Tove Jansson, the author of Moomin stories.
 



私達とアーティストとの出会いは第2回目の芸術祭へ向かっている頃でした。その頃にも空き家は今と変わらずいっぱいあったはずですが、今と違ってまだまだ大地の芸術祭自体の認知度も低く、持ち主や集落の合意を得ることが当時は殆ど無理に等しい状態でした。空き家を使ったプロジェクトは2000年のマリーナ・アブラモヴィッチの「夢の家」くらいしかなく、2000年の芸術祭は人のあまりいない場所に置かれた彫刻然とした作品が中心でした。

It was when we were preparing for the second triennale in 2003 when we met the artist.  At that time, the triennale was still on the stage of the beginning. We were still having a hard time to receive agreements from the owner of the house or the community to use one house.  In the first triennale in 2000 most of our projects were sculpturistic pieces realized on empty space and we only had one empty house project: Dream House by Marina Abramovic.
 
 


そんな中で2003に向けて手を上げてアートを受け入れてくれたのが蓬平の集落でした。蓬平は山に囲まれた集落ですり鉢状の地形の底にあるような村で、当時はまだ当然のことでしたが携帯の電波も繋がらない場所で、カーナビもない時代でしたので地図の中では等高線の密集した不思議な地形にある場所に思えました。作家はここにそれまでの越後妻有の屋外彫刻とは全く異なる視点で、当たり前にある農家の傘を金色に塗ってパラボラアンテナの様に全ての家に取り付け、夜になったら灯してほしいというプランを出したのです。当時は地元にあるありふれたものを一つだけ選んで本来の用途とは全く違う方法で際立った大きなアートに見せるという点で画期的でした。また、孤立しているような集落があたかも世界に向けて通信しているかのような、目に見える作品としての形だけでなく、集落全体の空気感を作品に取り込んでいる点が驚きで「全ての場所が世界の真ん中」というタイトルの感覚も秀逸でした。

One of few communities who were welcomed to receive artist’s project was Yomogihira Community.  The community is located on the environment surrounded by mountains, in a bottom of the valley.  At that time, the community had no access to mobile.  The plan which the artist proposed us was very fresh to us.  What she told us was to paint local farmers’ hats gold and ask locals to place them like parabola antennas on each door.  The material was simple local material, but the work indeed had a large impact.  It was as if the community is contacting with the rest of the world. It was also impressing that such a small devise would create a larger installation piece expanding an object to a work including the environment around it. 
 

 

夜しか作品としての総体が見れないかもしれませんが、すり鉢状に展開している全ての家や倉庫に灯りが灯るこの作品は「隠れた名作」と言われ続けています。2003年以来10年以上、今でも夜になると集落が灯りを灯し継続をしてくれています。今でこそ古巻さんや大巻さんの作品も同じ蓬集落にありますし、あるいは現在では集落に作品があること自体が当たり前にさえ思われるようになっています。しかし集落に入り、人々と共にアートを作ったこの作品が間違えなくその先鞭をつけた作品と言えるはずです。ホタルを見に行くときに感じるあの雰囲気です。その情緒の先には空気とそこに住む人々の気配を感じさせます。ぜひ夜の蓬平も訪れてみてください。

Tough it is difficult to notice during daytime, but the work is still called “hidden masterpiece by our organizing team”.  The community is still continuing to the works to show during the evening.  The project was the frontrunner to work with people in the community in such a way and we are still able to feel the atmosphere of the community coming in to become a part of the work.  Please visit the community after dark. 
 



作家名Artist: マーリア・ヴィルッカラ Maaria Wirrkala
作品タイトル:ブランコの家 House of Swings
作品番号Work: D266
場所 Location: 松代エリア桐山
制作年 Year: 2006-2012
 
大地の芸術祭がさらに奥にある小さな集落に入って、空き家を借りることが可能になっていったのが2006年の芸術祭以降になります。2006年に向けて、蓬平と同じ街道筋にある桐山集落で手を上げてくれた家の一部をお借りして始まったのが「ブランコの家」でした。初めて作家がこの家を訪問した際に、そこにかつて住んでいた姉妹が遠くの町から来てくれて子供の頃の思い出を語ってくれましたが、その中に、ブランコの話がありました。長い雪の季節、子供達は外に出て遊ぶことが出来ず、家の中に縄を張ってもらって、そこに板を置いたブランコで遊んだというのです。今では誰も住まなくなったこの家にそうした思い出だけが生きているさまを表現したのが2006年の「ブランコの家」という作品でした。

It was time after 2006 in the third edition of the triennale when we were able to start working with empty houses in small isolated communities in the mountains.  Toward 2006 triennale, an owner of a house in Kiriyama welcomed us to welcome Maaria Wilkkala’s piece in the house to realize her project.  When the artist visited the house for the first time, sisters who used to live there introduced the house and spoke about their memory during the snow season when they were not able to go out and play. This became the basis of the installation done in 2006.
 




second floor of the house in 2012
 
その後、家が2007年の中越沖地震で壁が一部崩落したため2009年は壁に出来たひびを見せながらも手を加え、リニューアルバージョンとして公開しました。その後、大家さんの計らいで家の一部改修工事があって、作家がまた継続的に手を加えていきました。家に留まっている幾世代の思い出が家の各所で動き続けるインスタレーションが加えることで2012年に今の作品が完成しています。少しづつ作品が作家の手によって長期的に変化してきたという点でも大地の芸術祭の目指す地域との関わりの見本のひとつであり、孤高の存在となっています。

In 2007, the house received a heavy damage by a large earthquake, and the artist updated the work toward 2009.  In 2010, the owner of the house repaired the house and the installation was again updated for the 2012 triennale.  There is no house project like this which has been changed for many times to keep it fitted to the environment and is a good example for our whole Echigo-Tsumari project which is aiming to make it a long term project.
 
 

Installation added in 2012
 
現在奥のブランコで揺れ動くガラスの器は作家の父であるタピオ・ヴィルッカラのデザインのものが中心となっています。集落やこの家だけではなく、作家自身が第二の故郷としてこの家を語るほど作家自身がもつ「家」との記憶をダブらせながら静かに息づいている雰囲気がこの作品にはあります。見えないものの気配をも作品に取り込んでいるという点で、美術館ではあり得ないまさに環境に即した展示です。

The glass ware on swings today are basically designed by the artist father, Tapio Wirkkala.  Not only the house itself or the community, but the artist is trying to fill the house with her personal memory as well.  Such an installation can be never be realized in museums.  It is indeed a work in situ.



 
(レポート 近藤俊郎, reported by Toshio Kondo, Art Front Gallery)



 
| レポート | - | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS