dialogue ART FRONT GALLERY

dialogue - Art Front Gallery

dialogue - Art Front Gallery
Echigo-Tsumari Art Triennale 2015 Art Tour Report No.2 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.2
Recommended Art Works
 
今年の大地の芸術祭もいよいよ終盤に入りました。
まだこれから、という方も多いはず。
300を超える作品の中からギャラリースタッフの厳選したお薦め作品を新旧とりまぜて
アートの視点から解説します。完成に至るまでのアーティストや製作スタッフの活動についてもご紹介します。
 
It is already the second half of the Triennale period this year.
Among more than 300 works in view, our gallery will be introducing those we would like to especially recommend. 
::::

作品リポート 2
Art Report 2: 

作家名Artist: マーリア・ヴィルッカラ Maaria Wirrkala
作品タイトル:ファウンド・ア・メンタル・コネクション3  全ての場所が世界の真ん中
Found a Mental Connection 3: Every Place is the Heart of the World
作品番号Work: D102
場所 Location: 松代エリア蓬平
制作年 Year: 2003
 
マーリア・ヴィルッカラは1954年生まれのフィンランドのアーティスト。北欧を代表する食器デザインメーカー、現在のイッタラ社のガラスの器のデザインなどでも知られるタピオ・ヴィルッカラが父にあたる。父親のデザインにも共通する繊細さながらも詩的な情緒を併せ持つ作品で知られ、私達の日本人の感性にも分かりやすい作品を作っている。自然と人間の関係性における考え方など、ムーミンの著者トーベ・ヤンソンの思想を受け継ぎながら、大きな自然と闘いながらもそれと共存してきた伝統や、人々の暮らしの中で息づいてきた記憶や伝説を受け入れる作法を製作の基盤として作品化しているように感じられる。

Maaria Wirkkala is a Finish artist born in 1954.  She is a daughter of a designer Tapio Wirkkala known for his glassware design for Ittala. She is known for her delicate installations which share their characteristic with the artist’s father, and I believe that the artist’s works also have common sensibility with Japanese tradition.  Including the relationship between human and nature, she also shares the idea of Tove Jansson, the author of Moomin stories.
 



私達とアーティストとの出会いは第2回目の芸術祭へ向かっている頃でした。その頃にも空き家は今と変わらずいっぱいあったはずですが、今と違ってまだまだ大地の芸術祭自体の認知度も低く、持ち主や集落の合意を得ることが当時は殆ど無理に等しい状態でした。空き家を使ったプロジェクトは2000年のマリーナ・アブラモヴィッチの「夢の家」くらいしかなく、2000年の芸術祭は人のあまりいない場所に置かれた彫刻然とした作品が中心でした。

It was when we were preparing for the second triennale in 2003 when we met the artist.  At that time, the triennale was still on the stage of the beginning. We were still having a hard time to receive agreements from the owner of the house or the community to use one house.  In the first triennale in 2000 most of our projects were sculpturistic pieces realized on empty space and we only had one empty house project: Dream House by Marina Abramovic.
 
 


そんな中で2003に向けて手を上げてアートを受け入れてくれたのが蓬平の集落でした。蓬平は山に囲まれた集落ですり鉢状の地形の底にあるような村で、当時はまだ当然のことでしたが携帯の電波も繋がらない場所で、カーナビもない時代でしたので地図の中では等高線の密集した不思議な地形にある場所に思えました。作家はここにそれまでの越後妻有の屋外彫刻とは全く異なる視点で、当たり前にある農家の傘を金色に塗ってパラボラアンテナの様に全ての家に取り付け、夜になったら灯してほしいというプランを出したのです。当時は地元にあるありふれたものを一つだけ選んで本来の用途とは全く違う方法で際立った大きなアートに見せるという点で画期的でした。また、孤立しているような集落があたかも世界に向けて通信しているかのような、目に見える作品としての形だけでなく、集落全体の空気感を作品に取り込んでいる点が驚きで「全ての場所が世界の真ん中」というタイトルの感覚も秀逸でした。

One of few communities who were welcomed to receive artist’s project was Yomogihira Community.  The community is located on the environment surrounded by mountains, in a bottom of the valley.  At that time, the community had no access to mobile.  The plan which the artist proposed us was very fresh to us.  What she told us was to paint local farmers’ hats gold and ask locals to place them like parabola antennas on each door.  The material was simple local material, but the work indeed had a large impact.  It was as if the community is contacting with the rest of the world. It was also impressing that such a small devise would create a larger installation piece expanding an object to a work including the environment around it. 
 

 

夜しか作品としての総体が見れないかもしれませんが、すり鉢状に展開している全ての家や倉庫に灯りが灯るこの作品は「隠れた名作」と言われ続けています。2003年以来10年以上、今でも夜になると集落が灯りを灯し継続をしてくれています。今でこそ古巻さんや大巻さんの作品も同じ蓬集落にありますし、あるいは現在では集落に作品があること自体が当たり前にさえ思われるようになっています。しかし集落に入り、人々と共にアートを作ったこの作品が間違えなくその先鞭をつけた作品と言えるはずです。ホタルを見に行くときに感じるあの雰囲気です。その情緒の先には空気とそこに住む人々の気配を感じさせます。ぜひ夜の蓬平も訪れてみてください。

Tough it is difficult to notice during daytime, but the work is still called “hidden masterpiece by our organizing team”.  The community is still continuing to the works to show during the evening.  The project was the frontrunner to work with people in the community in such a way and we are still able to feel the atmosphere of the community coming in to become a part of the work.  Please visit the community after dark. 
 



作家名Artist: マーリア・ヴィルッカラ Maaria Wirrkala
作品タイトル:ブランコの家 House of Swings
作品番号Work: D266
場所 Location: 松代エリア桐山
制作年 Year: 2006-2012
 
大地の芸術祭がさらに奥にある小さな集落に入って、空き家を借りることが可能になっていったのが2006年の芸術祭以降になります。2006年に向けて、蓬平と同じ街道筋にある桐山集落で手を上げてくれた家の一部をお借りして始まったのが「ブランコの家」でした。初めて作家がこの家を訪問した際に、そこにかつて住んでいた姉妹が遠くの町から来てくれて子供の頃の思い出を語ってくれましたが、その中に、ブランコの話がありました。長い雪の季節、子供達は外に出て遊ぶことが出来ず、家の中に縄を張ってもらって、そこに板を置いたブランコで遊んだというのです。今では誰も住まなくなったこの家にそうした思い出だけが生きているさまを表現したのが2006年の「ブランコの家」という作品でした。

It was time after 2006 in the third edition of the triennale when we were able to start working with empty houses in small isolated communities in the mountains.  Toward 2006 triennale, an owner of a house in Kiriyama welcomed us to welcome Maaria Wilkkala’s piece in the house to realize her project.  When the artist visited the house for the first time, sisters who used to live there introduced the house and spoke about their memory during the snow season when they were not able to go out and play. This became the basis of the installation done in 2006.
 




second floor of the house in 2012
 
その後、家が2007年の中越沖地震で壁が一部崩落したため2009年は壁に出来たひびを見せながらも手を加え、リニューアルバージョンとして公開しました。その後、大家さんの計らいで家の一部改修工事があって、作家がまた継続的に手を加えていきました。家に留まっている幾世代の思い出が家の各所で動き続けるインスタレーションが加えることで2012年に今の作品が完成しています。少しづつ作品が作家の手によって長期的に変化してきたという点でも大地の芸術祭の目指す地域との関わりの見本のひとつであり、孤高の存在となっています。

In 2007, the house received a heavy damage by a large earthquake, and the artist updated the work toward 2009.  In 2010, the owner of the house repaired the house and the installation was again updated for the 2012 triennale.  There is no house project like this which has been changed for many times to keep it fitted to the environment and is a good example for our whole Echigo-Tsumari project which is aiming to make it a long term project.
 
 

Installation added in 2012
 
現在奥のブランコで揺れ動くガラスの器は作家の父であるタピオ・ヴィルッカラのデザインのものが中心となっています。集落やこの家だけではなく、作家自身が第二の故郷としてこの家を語るほど作家自身がもつ「家」との記憶をダブらせながら静かに息づいている雰囲気がこの作品にはあります。見えないものの気配をも作品に取り込んでいるという点で、美術館ではあり得ないまさに環境に即した展示です。

The glass ware on swings today are basically designed by the artist father, Tapio Wirkkala.  Not only the house itself or the community, but the artist is trying to fill the house with her personal memory as well.  Such an installation can be never be realized in museums.  It is indeed a work in situ.



 
(レポート 近藤俊郎, reported by Toshio Kondo, Art Front Gallery)



 
| レポート | - | trackbacks(0) |
http://dialogue.artfrontgallery.com/trackback/163
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS