dialogue ART FRONT GALLERY

dialogue - Art Front Gallery

dialogue - Art Front Gallery
Echigo-Tsumari Art Triennale 2015 Art Tour Report No.5  大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.5
Recommended Art Works
 
今年の大地の芸術祭もいよいよ終盤に入りました。
まだこれから、という方も多いはず。
300を超える作品の中からギャラリースタッフの厳選したお薦め作品を新旧とりまぜて
アートの視点から解説します。完成に至るまでのアーティストや製作スタッフの活動についてもご紹介します。
 
It is already the second half of the Triennale period this year.
Among more than 300 works in view, our gallery will be introducing those we would like to especially recommend. 
::::

作品リポート 5
Art Report 5: 

作家名 Artist: レアンドロ・エルリッヒ Leandro Erlich
作品タイトル Title:トンネル Tunnel
作品番号 Work: T224
場所 Location: 越後妻有里山現代美術館(十日町) Echigo-Tsumari Satoyama Museum of Contemporary Art KINARE
制作年 Year: 2012

レアンドロ・エルリッヒは1973年生まれアルゼンチン出身のアーティスト。金沢21世紀美術館にあるプールの作品で有名な作家であるが、日本の中で最も広く知られている外国人の現代美術アーティストと言っても過言ではないだろう。

Leandro Erlich is an Artist who was born in 1973 from Argentina. We can say, he is the most well known in Japan as a foreign artist who made famous swimming pool in 21st Century museum of contemporary art Kanazawa.

その作家の作品が越後妻有にある事はご存知だろうか?
2006年に初めて参加し、大きな鏡を用いた、妻有の家という仮設の作品を発表。その後も2012年から越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭のメインステージの一つ、越後妻有里山美術館[キナーレ]に不思議な倉庫を展示している。

I bet some people still don’t know his work also exhibiting in Echigo-Tsumari.
In his carrier, his first shown his work in Echigo-Tsumari is 2006. And he showed his huge mirror piece that is called “House of Tsumari” After that he has exhibiting his bizarre Storage house in Echigo- Tsumari Satoyama Museum of Contemporary Art KINARE that is one of the main stage of Echigo-Tsumari art triennial since 2012.


 

十日町のメインステージとして、原広司によって設計された交流館キナーレは、前回の芸術祭、2012年に現代美術館としてリニューアルオープンしている。
ディレクターの北川フラム氏は大地の芸術祭が行われる里山全体をフィールドミュージアムと定義し、この施設をそこへの玄関口と位置づけ、植生、気候、食、文化など越後妻有の様々な要素を盛り込み、縮図として魅せようとしている。その基幹施設の2F展示室に入ってすぐのところにレアンドロの倉庫は鎮座している。

Exchange hall KINARE that designed by Hiroshi Hara has been renewed as Contemporary Art museum at Last triennial in 2012.
Fram Kitagawa who is main director of Echigo – Tsumari Art Triennial define those Satoyama area in Echigo- Tsumari as the field museum and he also place the facility as an entrance of it. He tries showing many elements such as the vegetation, climate, food and culture as their microcosm. Leandro’s storage has been placed in the main facility.

 

(Photo Osamu Nakamura)

展示室に入るとまず目に飛び込んでくるのは展示室内いっぱいに配置された広葉樹の林である。そしてその中にこの地域でよく見られる天井部が半円状の形をしたかまぼこ型の倉庫がある。

Firstly, what things catch our eyes are woods consisted by broad leaf tree in the room when we entered the 1st exhibition room. Inside the trees, there is an storage that the roof formed as Kamaboko (Japanese fishcake) : the roof shaped as a semicircle.




この地域は非常に雪深く冬季には4mを超える雪が降り積もる。この世界でも有数の豪雪地帯ならではの耐雪を考えた形である。

This area has much snow that basically piled it more than 4m height in winter time.
The storage form is well considered to bear the pressure from heavy snow in one of the most heavy snowfall area.

入り口には、ドラム缶などが置いてあり、この作品は美術館の中にあるのだが、まるで道端にある倉庫のようにディテールにも凝っているのが非常に彼らしい。

In front of entrance, the oil drum has placed as a normal view of this area even this artwork is located in a museum. Such as well considered and detailed expression shows his own character for his idea for creation.
 
中に入るとなんとそこはトンネルになっている。
こちらもまた、精巧に作られており、地面や壁の少し湿った感じまでしてくるようだ。

Inside of this storage you will see it has made as an inside of a tunnel.
That is also made very detailed and you can see it as real. That make me feel moisture of wall and road inside a tunnel.


トンネルもまた、この地域に欠かせない物の一つである。
The tunnel is also the symbolic one which cannot look over in this area.




というのも、越後妻有は、6つの地域と200を超える集落がありそれぞれが山間部まで入り込み点々としている。1970年代の高度成長期以降これらの地域をつなぐ間には必ずと言っていいほどトンネルがあり地域の重要な交通手段になっている。

In Echigo-Tsumari, there are 6 area and more than 200 settlements that some of them are even placed inside mountain. Tunnel is necessary to connect all those areas since it built in 1970s, 
 
作家はこの越後妻有に足を初めて踏み入れた時から魅了されてきたトンネルとかまぼこ倉庫をこの地域の重要な特徴と捉えその二つを組み合わせた作品へと昇華している。

Leandro combine those 2 symbols of this area that artist has been fascinated with since the very first he arrived here to create the art work which is uniquely and distinctive in that area.
 
初めの着想は、2005年。視察を終えたレアンドロが提出したのは実際のトンネルを中で2つに分け視覚的トリックの仕掛けられた出口と通常の出口の両方を持つトンネルというアイデアだった。
実際には間違って事故が起きる可能性を考慮して実際のトンネルを使う案は却下されて2006年の鏡を使った作品へと変更を余儀なくされている。

The first idea was in 2005. He has handed in his first proposal that is creating real tunnel which has 2 exits that one is visually tricked and one is normal to use in people’s life.
However, that idea was rejected, because, it could be dangerous.
Then he changed his plan finally, and made the huge mirror work in 2006.

2012年に完成したこのトンネルという作品はレアンドロが温め続けてきた、そのアイディアを実際に形にしたものなのだ。
The work called tunnel which has done in 2012 was his ardent wish that he keeps the idea warm long time. Finally he made it in form.
 
最後にこの作品をよりよく鑑賞するためのポイントをご紹介したい。
Finally, I want to suggest a point how to look at the work better.
 
レアンドロの作品は、鏡などの現象をうまく用い、我々の視覚に対しトリックを仕掛けてくる。しかしそれが、ただのトリックアートと一線を画すのは、我々がよく知る当たり前のことを利用し、既知の物事に対して揺さぶりをかけてくるところである。それ故そのトリックは単純であり、わざと種明かしをしている。

Leandro’s work trick us into thinking something real its often using material such as mirror.
However, It is clearly different from a trick art because he uses common things in our daily life to make us doubt our understanding. Therefore, the trick is always easy and let you into the secret purposely.
 
実はこのトンネル中に入るとある視覚的作用によって人が突然巨大化して見えるのだ。
しかし、この作品を訪れる人の約半数はこの作品の正しい鑑賞方法を知らずに、只々トンネル内を通り過ぎてしまっているように見受けられる。

Actually you can see people are suddenly looked as a giant by some visual effect by this tunnel when you enter inside of the tunnel. But in mostly case, people just go through without realizing it, because they don’t know right way of appreciation of this work.
 



この現象を体感するには巨大化する人を見るための場所と巨大化する人との位置関係が重要になる。
 
2人で訪れた際には一人は入口付近から動かずに出口を見つめ、もう一人が出口へ向かってそのまま進んでもらう。するとどうだろう、先に進んだ人の体がみるみる大きくなっていく。
出口付近に達するころには4m越えの巨人へと変貌する。
逆に出口側からは入口に残された人が遠くに小さくみえるのでそちらもぜひ試してほしい。

The people’s positional relation is the most important points for enjoying this work.
If you visiting the site, one person should be positioned near entrance, then look at the other people is keep going through to the exit. When the person get to near the exit, the parson’s body looked gradually getting bigger. In the end, if the person come to the exit, his body looked as changing to a giant who has more than 4m height.
Conversely, from exit point to look at the people in entrance, you can see the depth of the tunnel and people looked as a midget. Please kindly try the both way.
 
 
見るだけではなく体験こそが、妻有の作品たちの大きな魅力である。
美術館にて、いの一番にそれを伝えてくれるこの作品はまさしく越後妻有のゲートにふさわしい作品である。

Having physical experience is most fascinated point of artworks in Echigo-Tsumari more than just look at it. This is the reason why this work is here and it’s suitable as the first encounter in this museum.


(レポート 庄司秀行, reported by Hideyuki Shoji, Art Front Gallery)

大地の芸術祭のパスポートは東京事務局、代官山のアートフロントギャラリーでも販売しております。ガイドブックと合わせ出発前に手に入れて事前に計画を練って行かれると効率よく廻れます。
 
Triennale passport and guidebooks are also available in our gallery at Daikanyama, Tokyo.  Start planning your trip before getting there in Echingo-Tsumari. 
 
| レポート | - | trackbacks(0) |
http://dialogue.artfrontgallery.com/trackback/166
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS