dialogue ART FRONT GALLERY

dialogue - Art Front Gallery

dialogue - Art Front Gallery
Echigo Tsumari Art Triennale 2015 Art Tour Report No.8  大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.8
Recommended Art Works
 
今年の大地の芸術祭もいよいよ終盤に入りました。
まだこれから、という方も多いはず。
300を超える作品の中からギャラリースタッフの厳選したお薦め作品を新旧とりまぜて
アートの視点から解説します。完成に至るまでのアーティストや製作スタッフの活動についてもご紹介します。
 
It is already the second half of the Triennale period this year.
Among more than 300 works in view, our gallery will be introducing those we would like to especially recommend. 
::::

作品リポート 8
Art Report 8: 

作家名 Artist: 戸谷成雄 Shigeo Toya, 原口典之 Noriyuki Haraguchi, 遠藤利克 Toshikatsu Endo, 青木野枝 Noe Aoki
作品タイトル Title:清津倉庫美術館 Kiyotsu Warehouse Musem
作品番号Work: N072
場所 Location: 中里 角間 Nakasato, Kakuma
制作年 Year: 2015

今回の大地の芸術祭を機にオープンした清津峡美術館では4人のアーティストの作品が見られる。H鋼を斜めに建て、従来は地中に埋まって展示されていた基礎部分も露出させた原口典之、杉を彫りこんだ柱を森のように配置した戸谷、上部空間を支えるような軽やかな鉄の造形12体を林立させた青木、長さ10メートルの木の船を置いた遠藤利克。それぞれがマッスとして空間を占有しながらもお互いの余白が響きあって心地よい。

Kiyotsu Warehouse Museum was open in 2015 as one of the most attractive sites in Echigo-Tsumari art Triennale 2015.  Four domestic artists are shown there; Noriyuki Haraguchi and Noe Aoki with iron works, Shigeo Toya and Toshikatsu Endo with wood pieces.  All are fairly large size massive leaving space which resonate with each other.


戸谷成雄 Shigeo Toya 
photo Ishizuka Gentaro


遠藤利克 Toshikatsu Endo
photo Ishizuka Gentaro

これらの作家はいずれも長い活動歴を持ち、海外でも高く評価されている。原口は2009年のBankARTでの「社会と物質」展の後作品がヨーロッパの美術館に収蔵されるなど近年再評価が高まっている。青木は昨年大規模な個展がスイス、ポーランド、ドイツを巡回した。戸谷と遠藤はハワード・フォックスが企画した「プライマル・スピリット」展(1991)にいちはやく名を連ね、西欧から観た視点の一つとして、日本のアーティストが物質そのものに向かい、自然に内在する精神との自己統一化を図っていく傾向のある作家として位置付けられた。欧米でアートの自立性が声高に唱えられた時代を経て、それぞれ独自の道を続けている彼らが今また新鮮な空気を吹き込むのは見る側として純粋な喜びを感じる。

These artists have long career and have been highly estimated in foreign countries.  Haraguchi recently had his piece in collection in a museum of Europe, Aoki had a solo show in 2014 travelling in Switzerland, Poland and Germany.  Endo and Toya were in the renown exhibit Primary Spirit curated by Howard Fox in 1991. They were discussed then to have a close attitude toward nature and show great respects for their (mostly natural) materials and creative process. They create and present their works as aspects of the universe, functioning within and as part of a larger natural order, contrasting to the Western modernist concept of autonomous works of art. Now after more than twenty years, their work appear as new as before.


photo Ishizuka Gentaro


キナーレの分館として構想されたこの倉庫美術館は、旧清津峡小学校を建築家の山本想太郎が改築したもの。展示空間となっている体育館は築30年余りの建物で、床の木を撤去したあとモルタルで均一にするなどコンテンポラリーなアートに合う仕様とした。会期中はカフェも営業。こちらもどうぞご利用ください!

This Museum is supposed to be a Branch Museum of Kinare, a renovation of former Kiyotsu Primary School.  Renewed by the architect Sotaro Yamamoto, it suites well to house contemporary art.  There is also a café to welcome you!

(レポート 奥野恵, reported by Kei Okuno, Art Front Gallery)

大地の芸術祭のパスポートは東京事務局、代官山のアートフロントギャラリーでも販売しております。ガイドブックと合わせ出発前に手に入れて事前に計画を練って行かれると効率よく廻れます。
 
Triennale passport and guidebooks are also available in our gallery at Daikanyama, Tokyo.  Start planning your trip before getting there in Echingo-Tsumari. 
| レポート | - | trackbacks(0) |
http://dialogue.artfrontgallery.com/trackback/169
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS