dialogue ART FRONT GALLERY

dialogue - Art Front Gallery

dialogue - Art Front Gallery
Echigo Tsumari Art Triennale 2015 Art Tour Report No.10  大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 リポート No.10
Recommended Art Works
 
今年の大地の芸術祭もいよいよ終盤に入りました。
まだこれから、という方も多いはず。
300を超える作品の中からギャラリースタッフの厳選したお薦め作品を新旧とりまぜて
アートの視点から解説します。完成に至るまでのアーティストや製作スタッフの活動についてもご紹介します。
 
It is already the second half of the Triennale period this year.
Among more than 300 works in view, our gallery will be introducing those we would like to especially recommend. 
::::

作品リポート 10
Art Report 10: 

作家名 Artist: 田中 芳 Kaori Tanaka
作品タイトル Title:けれども、たしかにある光  Remaining Light
作品番号Work: K090
場所 Location: 川西 Kawanishi
制作年 Year: 2015


田中芳(1959-2013)は、草や木や石や士、雨や雪、流れる水、月、風など、自然をテーマに描く日本画家です。
一昨年、53歳の若さで急逝しましたが、画業25年の軌跡を彼女が愛した妻有の地で、初期の代表作「庭」「流」から「方丈」、抽象的な「線」、「□△○」、晩年の「塵」まで、田中芳の歩みに沿って展覧いたしました。

A sincere artist of Japanese painting, Kaori Tanaka (1959-2013) draws on motifs in the nature ranging from grass, trees, stones, soil, rain, snow, water flow, moon to wind.  She passed away at the early age of fifty-three two years ago, leaving behind her whole life as a painter over twenty five years.  We are thus pleased to present it in Echigo-Tsumari, beloved venue of the artist. Art works, chosen to remind us to appreciate the transition of her concept on nature and universe, include Garden, Current, early masterpieces, Hojo, posthumous work exhibited for the first time, abstract Line, Square, Triangle, Circle and Dust series in late years. 



photo Ishizuka Gentaro
 
作品を展示しているその建物は、240年前に建てられた「ぶなの木学舎」という古民家。豪雪を耐え抜いた骨太な日本家屋に、作品はすっぽりはまり込んでいます。その姿を見るにつけ、作家が生涯をかけて追及してきた、「空間と日本画との関係性」というテーマが如何なく発揮されている空間になったと思われます。
日本画は、襖や障子、屏風、床の間にかける一幅の掛け軸などから生まれました。日本家屋から生まれた絵画の起源というテーマに、ひとり果敢に挑戦してきた田中芳の姿勢が、琳派的な花鳥風月の世界から、抽象的な“線”そのものに移行していく過程と重ね合わせてみることができるでしょう。

Installed neatly in the old folk house of Bunanoki Gakusha built 240 years ago, the works demonstrate her lifelong project to pursue “the relationship between space and Japanese painting”, altering the whole muscular space for what the solitary-and–brave challenger has dreamed of.  What we call Japanese Painting was born out of Fusuma, Shoji or Sliding screen, Byobu, and Scroll painting etc.  In fact, her attitude for paintings transformed from traditional method and symbols in Rinpa Style into abstract “lines” themselves, which we can see at this show.
 


photo Ishizuka Gentaro

「私はいつも、作品が自画像の範囲で止まるのではなく、突き抜けて、その背後の“こと"の表現になり、それによって、鑑賞者の心を映すものになることを望んでいるー田中芳(個展「庭皿」に寄せてより抜粋)」

-I always hope that my work will go beyond the border of self-portrait, to reach the “event” behind it, and therefore reflecting the heart of the audience, by Kaori Tanaka (cited from her text on her solo exhibit Garden III).



photo Ishizuka Gentaro

(レポート 奥野恵, reported by Kei Okuno, Art Front Gallery)

大地の芸術祭のパスポートは東京事務局、代官山のアートフロントギャラリーでも販売しております。ガイドブックと合わせ出発前に手に入れて事前に計画を練って行かれると効率よく廻れます。
 
Triennale passport and guidebooks are also available in our gallery at Daikanyama, Tokyo.  Start planning your trip before getting there in Echingo-Tsumari. 
 
| レポート | - | trackbacks(0) |
http://dialogue.artfrontgallery.com/trackback/171
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS